やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS やはり、何度見ても・・・

<<   作成日時 : 2006/03/14 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ビデオが間違っているとは思えないですよねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 「判定覆り日本の勝ち越し点消える、王監督抗議 WBC


 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグ、日本―米国戦。冷静だが、しかし、きっぱりとした口調で、王監督は言った。

 「野球のスタートした国であるアメリカで、こういうことがあってはいけないと、私は思う」

 8回だった。1死満塁。日本は勝ち越しのチャンスを迎えた。岩村の当たりは浅い左飛。三塁走者の西岡がスタートを切る。ボールが返ってくるよりかなり早く、本塁へ滑り込んだ。

 タッチアップが早いという米国のアピールも、近くで判定した二塁塁審によって却下された。日本が待望の勝ち越し点をあげたと、米国ファンも思った。

 ところが、米国のマルティネス監督から抗議を受けたデビッドソン球審が判定を覆してしまう。

 「審判は4人が同等でなければいけない。一番近くにいる審判のコールを変えるなんてことは、私が長くやってきた日本の野球では、聞いたことがない」

 王監督が抗議した。しかし、受け入れられなかった。日本ナインは守備につかない。「監督が抗議しているのに守備にはつけない。全員が納得いかないコールだった」。イチローが言った。

 いずれにしても、日本の決勝点が、消えた。

 そのイチローの先頭打者本塁打で、試合はスタートした。日本としてはほぼプラン通りに試合を運んだ。それだけに、残念な敗戦となった。

 「今日の試合は終わった。残りを勝って、準決勝でもう一度、アメリカにチャレンジしたい」。王監督は誓った。

 確か、ルールでは、「一番近い塁にいる審判のジャッジに従う」はずではなかったか?と思いますが、米国では球審の判断でその決定が覆るんでしょうかね・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 また、タッチアップのルールは「ボールが体に触った後に離塁する」となっているはずで、西岡選手の動作はボールが体に触れた瞬間には上体こそ本塁へ動いていますが、足はしっかりと塁についています。
 主審は上体が本塁へ動いたからアウトと判断したか、足が塁から明らかに離れていたからアウトと判断したかのどちらかになるわけですが、まあ、どちらもはっきりと間違っていますよねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

 日本での審判の地位はあまり高くないですが、世界の・・・特に米国ではもっとも地位が高いです。
 その孤高の地位の審判が試合を決める場面で誤審したというのは・・・その孤高さ故に自らを罰して欲しいと思う次第です。

 試合は終わってしまいましたが、このビデオは永久に汚点として残るでしょうね・・・。
 また、アメリカという国に幻滅を感じてしまいそうです・・・。
 うーん、とにかく残念ですねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
静かなる指揮官 王貞治。
王貞治―回想王 貞治 日本図書センター 2000-10売り上げランキング : 1,156,522Amazonで詳しく見るby G-Tools ...続きを見る
40代サラリーマンのための成功に効く読書...
2006/03/14 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
やはり、何度見ても・・・ やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる