やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS GWと言えばこれにうんざりですが・・・

<<   作成日時 : 2006/04/28 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 経験的に分かってはいますが、これを学問にするとは・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 重要なところは色をつけていますので、これを踏まえた運転をしていただければ・・・と・・・。
 「マル秘「渋滞回避術」…最新の研究成果明らかに
 いよいよ29日から突入するGW。車で行楽地に出かけたり、帰省する際、イライラさせられるのが渋滞だ。誰もが「仕方がない」と諦め、長時間の車内監禁に耐えることになるが、渋滞はどうにかならないのか。日本で唯一「渋滞学」を研究している東京大学工学部の西成活裕助教授が、最新の研究成果を明かしてくれた。

 「この10年で渋滞の解析はほぼ終わり、今後は解消する方法について力を入れ、10年もかけないで、結果を出したい」

 西成氏が取り組む渋滞学は、渋滞という物理現象を複雑系や非線形と称される最先端の物理学や数学を駆使して解析。そのうえで、コンピューターなどで再現可能な渋滞モデルを確立することを一つの目標としてきた。

 高いハードルだったのが、高速道路の料金所や合流地点などではなく、なぜ、原因不明の「自然渋滞」が起こるのか。その発生メカニズムを解き明かすことだった。

 研究の結果、

 最高速度が時速100キロの高速道路の場合、渋滞に至る直前、時速70〜80キロの車の集団が車間距離40メートルほどで走る段階(準臨界状態)があり、そこが渋滞するかしないかの分岐点になる

ことが判明したという。

  分岐点では誰かがブレーキランプを点灯させるなど、「ちょっとしたきっかけから、約10分で渋滞となり、一度渋滞したら、もう簡単には解消しない」

という。

 これまでもトンネルの入り口付近や緩やかな登り坂付近で渋滞が起きやすいことは経験的に知られていた。その理由も、

 ドライバーが無意識にアクセルを緩めたり、速度が落ちて車間距離が詰まるために、誰かがブレーキを踏み、それが連鎖的に後方に波及するから

だと、科学的にも裏づけられたわけだ。

 こうした現象を、ドライバーの心理的な問題まで含めて「今、考えられる全ての要素を盛り込んだ」数式に改良し続けてきた結果、現実の渋滞データとほぼ同じ状況が再現できるモデルを作るメドがついたという。

 西成氏は、首都高速道路会社と協力し、首都高全体で渋滞状況を再現できるソフトの開発に着手。早ければ年内にも完成させたいという。

 「ソフトができれば、1メートルで1億円とされる道路を作らなくても、車線を増やしたり、どこにバイパスを作れば、渋滞が解消できるかの検証ができる」

 首都高担当者も「10年以内に渋滞をなくす」と意気込んでいるという。

 渋滞解消の成果をドライバーが実感できるのは、しばらく先の話となりそうだが、これまでの研究成果にもドライバーが知っていた方がいい知識は多い。

 「最近、車高の高い車が増えたことでも、渋滞が起こりやすくなったのではないか」

 渋滞を再現する際、ドライバーが何台先の車の動きを見ているかの“先読み”要素を加味すると、「目の前の車だけを見ている場合に比べ、2台先を見て運転するだけで全体の物流量は20〜30%増える」という。

 皆が先を読んだ運転を心がければ、確実に渋滞は起こりにくくなるはずだが、背高ミニバンなど車高の高い車が増え、先が見通しにくくなっているというわけだ。

 ところで、今すぐ渋滞をできるだけ避ける“秘策”はないのか。

 西成氏は「皆が知ってしまうと意味がなくなりますが…」と前置きしながらも、

 「渋滞中、追い越し車線と走行車線でどちらが速いのか悩む人もいるでしょうが、渋滞中は確実に走行車線の方が平均速度が速い」

と、夕刊フジの読者だけに、こっそり教えてくれた。」

 気づかないようですが、トンネルは真ん中部分が一番高く、入り口部分は一番低く作るのがセオリーです。
 なぜなら、雨水がトンネル内に入った場合に外に水が自然に出ていくようにするためだからです。
 ということは、トンネルの入り口付近は上り坂なので自然に車は減速する傾向にあります。
 しかし、この時期に多い「ヘタレな」ドライバーはトンネルの中に入る瞬間に感じる「閉塞感」に違和感を感じて、思わずブレーキを踏んでしまうパターンが多いです。
 元々上り坂で減速しているにもかかわらず、さらにブレーキを踏んで減速してしまうわけですから、ここまで100km/hの流れなのに、このポイントで突然70〜80km/hになってしまう、いわゆる速度の「壁」が出来てしまうわけです。

 道路情報を良く聞けば、本当にトンネルの入り口付近を先頭に渋滞が多いと思いますが、これが主な理由です。
 関西では宝塚トンネル(中国自動車道)や天王山トンネル(名神自動車道−ここは最近はあまり聞きませんけど・・・)が有名なポイントなのでこの辺りにさしかかったときは、なるべく車間を開けて(これは前の車がブレーキを踏んだときに自分がブレーキを踏まなくても良くするためです)、スピードを極端に落とさずに通るように心がけましょう。

 また、「ヘタレな」車を見かけたら、できるだけその車の後ろにつかず、とっとと追い越してしまいましょう。
 「ヘタレな」の見分け方ですが・・・、

・追い越し車線を走っているのに、走行車線の車より遅く走っている(まあ、これは論外ですか・・・(笑))

・よく分からないところでブレーキを踏む。

・十分な速度差・車間がないのに、トラックの前に車を割り込ませる(結構気づかずにやっていることが多いんですが、これはトラックの急激な減速を誘発します。トラックは急激な加速をやりにくいので、これが渋滞を起こす原因になります)


などです。

 そうすれば、渋滞は発生せず、上の記事にあるような「渋滞学」などという「余計な」学問を出現させなくても良くなると思うんですが・・・。

 まあ、車で帰省しない私には関係ない話だったりするんですが・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
GWと言えばこれにうんざりですが・・・ やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる