やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 米国の動きに要注意・・・

<<   作成日時 : 2006/11/08 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中間選挙の結果は案の定ボロボロでした・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 このままだとまずいということで、当然国民の人気を取りに行こうとするでしょう。
 思い返せば、同時多発テロの報復、イラクへの攻撃・・・と他国を攻撃することで米国の国民の支持を得ようとし、実際、成功しています。
 今回も同じ事を繰り返すとすれば、現状で考えられるターゲットはイラン・北朝鮮そして日本(これは軍事的ではなく経済や政治的な方面でしょうが・・・)辺りになるんでしょうか・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 イラクやアフガニスタンは日本の遥か遠くで起こっていて、テレビの画面の中に映像が映っていても人ごとに取れましたが、北朝鮮になると・・・どうなんでしょう・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

 やはり、韓国や日本は無事に済まないでしょうねえ・・・。核はないでしょうが、化学兵器は使用されそうな気がするんですが・・・。
 ・・・ということで、米国の話と人ごとのように流さない方が良いと思うんですけど、いかがでしょうか?

 まあ、どうなっても日本は米国の動きを止めることは出来ないので、どうにもならないかもしれませんけど・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

「<米中間選挙>共和党…イラク不信、議員不祥事響く

 7日投開票された米中間選挙は民主党が12年ぶりの下院多数派の奪還を確実にし、上院でも勢力逆転をにらんで接戦が続いている。中間選挙は共和党のブッシュ大統領の6年間の外交・内政、イラク政策に対する国民の審判でもあった。特に多数の米兵死者を出して泥沼化するイラク情勢と、共和党議員の相次ぐ不祥事が「怒れる有権者」を生み出し、「反ブッシュ」「反共和党現職議員」の大きなうねりとなって表れた。

 ●米兵死者増加

 選挙の最大争点の一つはイラク問題だった。ブッシュ大統領が民主党の要求するイラク駐留米軍の早期撤退を拒否する中、米兵死者数は選挙直前の10月に105人を記録し、03年3月の開戦からでは計2800人を突破した。イラク新政権は発足したものの完全民主化には程遠く、宗派間抗争で治安悪化に拍車がかかっている。

 CNNテレビの調査によると、ブッシュ政権のイラク政策に対する支持率は過去最低の34%(不支持率64%)にまで落ち込み、「米兵の命を犠牲にしてまで戦う意味があるのか」という根本的な疑問が米国民の間で大きな声となっている。

 大統領はイラクを「対テロ戦争の中心」と位置づけ、イラクでの勝利が対テロ戦争勝利に不可欠との立場を繰り返した。だが、9月に明らかになった米政権機密文書「国家情報評価」でイラク戦争が逆にテロを拡散している実態が判明、有権者の不信感を増幅させた。

 民主党は選挙戦でブッシュ政権のイラク政策批判を大々的に展開。CNNテレビなどによると、ペンシルベニア州下院7区では「イラク早期撤退」を訴えた民主党新人の元海軍中将、ジョー・セスタク候補(54)が10期連続当選の現職、カート・ウェルドン共和党下院議員(59)を破り、当選を決めた。

 ブッシュ大統領はフセイン元イラク大統領に対する死刑判決(5日)を受け、「イラクの歴史上、画期的な出来事」とイラク戦争の正当性を強調したが、多くの有権者の耳には響かなかった。

 ●宗教右派落胆

 CNNの7日の出口調査によると、投票に当たり重視した問題として42%が「腐敗」を上げた。共和党現職議員の大物ロビイストとの癒着や政治資金流用疑惑、インサイダー疑惑などが次々と明るみに出た。さらに選挙戦終盤の9月末、フォーリー前下院議員(南部フロリダ州)が議会の少年インターンに「わいせつメール」を送った性的スキャンダルが発覚して辞職。現職共和党議員の不祥事に絡んだ辞職は計4人に上り、有権者の怒りを買った。

 特に性的スキャンダルは道徳を重んじる共和党支持母体の宗教右派を落胆させた。また今月2日、同性婚に反対する全米福音派協会のハガード会長が自らの同性愛疑惑で辞任し、「共和党マシン」とまで言われた同協会の集票活動を鈍らせたとの見方が強い。

 ●候補者も敬遠

 ブッシュ大統領は投票日直前の5日間、10州を回り共和党候補への支持を訴えた。だが、02年中間選挙の15州に比べると少ない。イラク問題などが争点となっている接戦州の共和党候補が大統領を敬遠したからだ。大統領が6日に駆けつけたフロリダ州では共和党の知事候補が集会に姿を現さず、波紋を広げた。ABCテレビの出口調査では約60%の有権者がブッシュ大統領の不支持を表明した。

 「無党派層の復讐(ふくしゅう)」。米政治誌「ナショナル・ジャーナル」のチャック・トッド氏は今回の選挙の特徴をこう表現する。94年、共和党は保守的政策綱領「アメリカの契約」を掲げて上下両院を制した。この時、共和党勝利の原動力となったのが政治不信に陥っていた有権者の3割を占める無党派層だった。多くは04年大統領選でブッシュ大統領に票を投じたとされるが、今回は「反ブッシュ」へと転じた。

 「怒り」の理由はイラク問題であり、議会共和党の腐敗、ブッシュ政権に対する監視機能の喪失と見られる。10月下旬のワシントン・ポスト紙の世論調査によると、今回の中間選挙では無党派層の59%が民主党候補に投票すると答え、共和党は31%にとどまった。」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
米国の動きに要注意・・・ やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる