やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS SMK第9期順位戦を振り返る−第1節

<<   作成日時 : 2007/01/19 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 将棋サークルで開かれている順位戦が最終盤に差し掛かっており、ほとんど順位が確定しつつある状況です。
 全て終わってから回顧しようと思っていましたが、観戦や対局している時に、「競馬ばかりじゃなくて、将棋の話題も・・・」とあちこちで言われるので、そろそろ書いていきたいと思います。
 私の所属はB級2組で、レーティングは942〜1247点の範囲のメンバーが集まりました。
 注目は942点の下位者がどんな成績を残せるのか・・・って、それは私なんですが・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 当初は1〜2勝できれば・・・と思いながら初戦を迎えたと思います。
 第1節の相手はM氏・・・、何を隠そう私をSMKへ紹介していただいた方です。
 入会するときに指した将棋では勝ちましたが、その後は全く勝負にならず、今回こそ・・・と画面に向かったのを覚えています。
 戦型は私の後手中飛車にM氏の先手穴熊模様となりました。
 穴熊模様になったところで私は△6四銀と牽制に行きました。
画像
 漫然と進めれば7六の歩をかすめ取ろうという狙いです。

画像
 ここから、▲6六歩△4五歩▲3七桂△4二飛▲7八銀となり、M氏は左美濃へスイッチしました。

画像
 私は柄にもなく細かく動き、△5五角と再度出ました。
 ここでの狙いは△4六歩からの飛車先突破ですが、ここからお互い派手に動きました。
 以下、▲2四飛△2二歩▲4五桂△1九角成▲3三歩成△4五飛▲4六歩△4六同飛!▲4六同銀△4六同馬▲4一飛△5五馬▲4二と△4二同金▲4二同飛成△3三銀▲5六歩△4二銀▲5五歩△3三銀▲6四飛△6四同歩・・・

画像
 局面が収まったところでは不思議とバランスは取れているような感じです。
 ただ、後手は△3三銀が空振りしており、陣形などを総合すると先手が良いと思います。
 となると、後手の私としては飛車2枚を活かした攻めで攻勢に行きたいところでして、M氏は中央から、私は端から動きました。

画像
 手が進み、私の方はと金を2枚並べられましたが、M氏の玉を金銀の守りから孤立させることが出来て勝負が出来そうだと思っていました。
 しかし、次の手がミスでした・・・。
 △9九飛?
 ▲9四桂の筋があるので、△9五香と走りにくいところですが、今回は王手になるので走って良かったことが分かりました。
 以下、▲8八玉と引かれたのですが、ここでも△9五飛成としておけばまだ良かったのですが、
 △9六香と悪手を重ねてしまいます。

 それでもなんとか寄せに行き、この局面を迎えましたが・・・詰めが甘すぎました・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
画像

 ここから△6四歩▲6四同玉△4四龍以下詰みだったのですが、△5三歩としたために紛れてしまいました。
 遠くから角を打たれて必死に駒を重ねて受けつつ、玉を下へ押し戻して次の図を迎えました。
画像
 この手は次に▲9三角からの詰めろで、受けるとしたら△8一桂ですが、攻め駒がなくなってしまいます・・・。
 これには△7一玉の早逃げがありますが、▲4一飛〜▲5五角で手順に要の4七の龍を抜かれることになります。

 しかし・・・、考えていると▲5五角を△5五同銀と取った手が、次に△6六銀からの詰めろ(以下、▲8八玉△9七角▲8九玉△9八金▲9八同玉△7九角成)であることに気がつき、△7一玉としました。
 以下、▲4一飛△6二玉▲6四歩△6四同桂▲5五角△5五銀と進み、図の局面になりました。
画像
 この△5五銀をほぼノータイムで対応したことでM氏は先手玉に詰めろがかかったことに気づき、▲7三銀と打ち込んで後手玉を詰ましに来ました。
 この手に対する正着は△5二玉で、飛車に近づいて怖いのですが、ぎりぎり不詰め(以下、▲5一金△6三玉▲7二銀不成△7二同玉▲6一角△8一玉・・・)となります。

 しかし、この手に対して△7三同金▲7三同桂成△7三玉と対応したことで後手玉に即詰みが生じました。
 さて、即詰みと分かれば短時間で読めるでしょうか?
画像

 ちなみに、私は詰みそうな感じであるけれども、具体的な手順が読み切れませんでした・・・。

 詰み手順は、▲7二金△7二同玉▲8一角△8二玉▲7一飛成△9三玉▲9四歩以下・・・です。
画像
 しかし、この手順は駒がぎりぎりということもあり、▲7二金に気がつかなければ1分で読み切るのはかなり難しいでしょう。

 実際の手順は、▲7一飛成△7二桂▲6二角△6三玉▲7二龍△5四玉まで後手勝ち。
画像

 長手数の将棋ということもあり、感想戦の時も放心状態でした・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 最後は二転三転の指運の将棋ではありましたが、強豪M氏に勝てたのは非常に嬉しく、B級2組初戦を白星で飾ることができました。
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年収1千万のプロが競馬をあなたに教えます。
100万儲かる投資競馬。競馬で儲ける方法教えます。 ...続きを見る
■言葉でなく実績で証明済みなので安心です...
2007/01/20 02:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私は順位戦全日程終了したんですが、
やはり第1節とdemon kun戦の2局は
頑張って指せたなあと思っております。
また今度対局したいですね(^^)
Mackey Naya
2007/01/21 10:53
 コメントありがとうございます。

 今までは中盤で将棋が終わってましたので、本節は勝ち負けそのものよりも終盤まで行けたということに満足した対局でした。

 またお願いいたします。
やす
2007/01/21 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
SMK第9期順位戦を振り返る−第1節 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる