やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 火災訓練ではなかったようで・・・

<<   作成日時 : 2007/10/01 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 守口で電池工場の火災がありました。
 一応、昔に「「コストは?」「どこまで高容量になる?」---松下電池工業が安全性を高めたリチウムイオン2次電池に関して質問に回答」という記事を出して技術力を誇示してたんですが、充放電しただけで火を噴くってどうなんでしょうか・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 それはおいといて、私は映像だけしか見ていませんが、3階からもうもうと上がっている煙を見ると、
(´-`).。oO(どうやら、火災訓練ではなさそうだな・・・)
と冷静に見ていました。
 関連記事もちらほらありましたが、微妙に間違えているので、修正をしたいと思います。
 (同時に危険物についての確認をしたいと思います)
「松下電池工業の作業場から出火 大阪・守口 周辺に異臭

 30日午後0時20分ごろ、大阪府守口市松下町の松下電池工業で、鉄筋コンクリート6階建て作業場(延べ2万7千平方メートル)の3階作業場付近から出火し、夜も燃え続けた。けが人はなかったが、工場周辺は長時間にわたり黒煙に包まれ、周辺の住宅街には異臭が立ちこめた。同社によると、人体に害はないという。同工場では昨年6月にも同じ作業場でぼやが2回あったという。

 守口市門真市消防組合消防本部や同社によると、現場は携帯電話やノートパソコン用のリチウムイオン電池の生産施設で、3階作業場には電池の充放電の工程があるという。出火直後、作業員が工場内の消火設備で消火しようとしたが消し止められず、119番通報した。作業場には、いったん燃えると消火しにくい「電解液」と呼ばれるエチレン系の粘液があり、この液体に燃え移ったため消火に手間取ったという。

 同社によると、昨年6月、今回と同じ作業場で製造中の電池がショートして、2度のぼやがあり、その後、安全対策がとられていたという。」

 記事中に「エチレン系の粘液」とありますが、これでは30点です。
 「カーボネート系の粘液」としていれば90点でした。
 なぜなら、エチレン系のエチレンはガスであって、液体ではありません。
 おそらくはエチレンカーボネートの事を言ってるんだと思いますが、もしそうなら、やはりカーボネート系と書くべきです。

 ここからは、危険物のお勉強も兼ねますが、エチレンカーボネートは危険物ではありません。
 なぜなら、エチレンカーボネートは融点が40℃で、室温では固体であるために危険物に当たらないのです。
 (ここで矛盾が生じますが、)リチウムイオン電池が電池として機能するためにはエチレンカーボネートの存在が重要です。
 (プロピレンカーボネートでも機能するものがありますが、ここではその例は外しておきます)
 先ほども言ったように、エチレンカーボネートは常温では固体なので、リチウムイオン電池は機能しません。
 しかし、リチウムイオン電池はちゃんと機能しています。
 矛盾しています(笑)。

 種明かしをすると、エチレンカーボネートに、常温で液体であるジメチルカーボネートやエチルメチルカーボネートやジエチルカーボネート等を混ぜ、常温で液体状態であるエチレンカーボネートを含む溶媒が作製されます。
 この溶媒に6フッ化リン酸リチウム等の溶質を溶かすことによってリチウムイオン電池を機能させる電解液となるわけです。

 ここで問題です。
 ジメチルカーボネート・ジエチルカーボネート・エチルメチルカーボネートはそれぞれどんな危険物でしょうか?

  3

  2

  1

 答え

ジメチルカーボネート(まれに電解液もこちらになる可能性もありますが・・・)・・・第四類第1石油類

ジエチルカーボネート・エチルメチルカーボネート・電解液・・・第四類第2石油類

となります(試験には出ないと思いますが・・・)。

−ここからは憶測になります。
 工場の3階には大量(少なくとも1000リットル以上)の電解液が貯蔵されていたと推測します。
 この電解液に火が着いて燃え上がった可能性が高いですが、その着火源が謎です。
 そこには充放電装置があったそうですが、充放電装置内に装填されていた電池が火を噴いたとしても100個程度では電解液に火が届くほどの勢いがあるかに疑問があります。
 なので、
・電池から(またはショートして)火が出て→検査装置が燃える→なぜか近くにあった電解液に引火→3階が全焼。
・電池から(またはショートして)火が出て→検査装置が燃える→周囲に延焼する→電解液に引火→3階が全焼。
のパターンではないかと思います。

 (´-`).。oO(まあ、この辺りは電池工場からのコメント待ちですが、多分真実は語られないでしょうねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・)
−憶測終わり


 最後に、電解液が燃えるとどうなるかですが、大半は二酸化炭素と水蒸気です。
 ただし、わずかにリンやフッ素が含まれるので独特の臭気を持ちますが、これで人間が死ぬということはほとんどなく(絶対ないとは言えないので・・・)、どちらかというと、煙に巻かれたり、酸欠による影響がより大きいと思います。

 なので、目の前で電池が発火して煙が出ても煙の量は知れてるので、焦らずに火を消すことに集中しましょう。
 (´-`).。oO(ほとんど発火することはないと思いますが、念のため・・・( ゚-゚)遠い目・・・)
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やすさん、すごい(@_@;)
こういう職種の方に化学の勉強が役にたつのですね。
豊作
2007/10/02 22:50
 豊作さん、コメントどうもです。

>こういう職種の方に化学の勉強が役にたつのですね。
 うーん、どうなんでしょうかね?
 私が思うに、非常にマイナーな部分が役に立っているだけかな・・・と・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
やす
2007/10/08 23:07
半分当たりで半分ハズレですね……笑


やはり憶測と言うのは憶測で真実とは違うんですよね……笑


そう考えると、確かな証拠を得て推理するコナンは天才です……笑



働く者
2009/08/15 18:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
火災訓練ではなかったようで・・・ やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる