やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 箱根駅伝(復路・総合)所感

<<   作成日時 : 2008/01/03 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「波乱」・・・今年の箱根はこの一言に尽きるのではないでしょうか?
 私が起きたのは6区が終わる頃だったのですが、この辺りは全く波乱はなく、気づいたら二度寝していました・・・(汗)。
 小さな順位変動はあったものの、9区まではびっくりするようなことはなかったと思います。
 いや、それは、この後で起きる波乱が大きすぎたためなのかもしれませんが・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 駅伝やマラソンというのは不思議な競技で、小さなブレーキやペースダウンはブーイングの対象なのですが、大きなブレーキや迷走はドラマや感動の対象になります。

 9区で起こった大東文化大学の棄権もやはりドラマの対象になるのでしょう。
 昨日の順天堂大学に続いて2校目の棄権ということで、
(´-`).。oO(・・・今年は波乱が多いなあ・・・)
と思いながら見ていました。

 10区に突入してからの注目点は3つあります。
 1つめは繰り上げスタートで、今年は東京農業大学が本当にギリギリにタスキをつなげてドラマを生みました。
 2つめはトップ争いで、今年は駒澤大学にタイム差でわずかな望みのある早稲田大学がどこまで迫れるかです。
 早稲田大学の選手は躍動感あるフォームで駒澤大学を追いますが、10km過ぎから冷静にペース上げた駒澤大学の選手の方が一枚上手でそのまま1着でゴールテープを切りました。
 3つめはシード権(10位)争いで、中央大学・帝京大学・東洋大学・日本大学がその対象です。
 蒲田の踏切から熾烈なシード権争いが繰り広げられ、各選手も本当に必死です。
 (´-`).。oO(この中から1校は予選会からか・・・ちょっと残酷だなあ・・・)
 と思ってレースの行方を見守っていましたが、丁度駒澤大学の選手がゴールした辺りで波乱が起きていました。
 ゴールシーンからカメラがシード権争いに切り替わった瞬間です。
 放送席もカメラもその瞬間をとらえていなかったようなのですが、
「東海大学の選手が倒れています!」
のアナウンスには本当にびっくりしました。
(´-`).。oO(なんだ?狙撃でもされたか?)
と思うくらいにバッタリと倒れているではありませんか・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 この瞬間、必死でシード権争いをしている8位〜11位の大学は、1つ順位が繰り上がるおかけで7位〜10位となったわけです。
 (´-`).。oO(やっぱり、駅伝は最後にゴールするまで分からない競技だなあ・・・)
ということを再認識した次第です。
 いろんな意味で、生放送を見てて良かったと思った次第です。

 駒澤大学は調子を取り戻したようで、貫禄の優勝となりました。

 駒澤大学おめでとう!


 シード権争いですが、下の表を見れば分かると思いますが、結果として総合10位と11位にはちょっとタイム差があり、ここで明暗が分かれているのは納得できそうです。

 関東学連選抜はメンバー選択がうまくいったのか4位という好成績で、来年の予選会で出場枠が1校増えることになりました(個人的には、有力選手が1校に固まらずに分散する傾向が背景にあるのではないかと思っておりますが・・・)。

箱根駅伝(復路)順位
順位大学2008年復路成績大学2007年復路成績
1位駒澤大学5時間30分38秒順天堂大学5時間32分16秒
2位中央学院大学5時間33分49秒日本大学5時間34分36秒
3位早稲田大学5時間34分21秒東洋大学5時間37分11秒
4位関東学連選抜5時間36分 0秒東海大学5時間37分12秒
5位帝京大学5時間36分14秒中央大学5時間37分42秒
6位亜細亜大学5時間36分16秒亜細亜大学5時間38分45秒
7位城西大学5時間37分 0秒駒澤大学5時間39分24秒
8位中央大学5時間37分29秒専修大学5時間39分27秒
9位日本体育大学5時間38分40秒日本体育大学5時間40分11秒
10位東洋大学5時間38分49秒早稲田大学5時間40分32秒
11位神奈川大学5時間38分59秒城西大学5時間40分52秒
12位日本大学5時間39分 5秒山梨学院大学5時間41分39秒
13位専修大学5時間39分40秒法政大学5時間42分34秒
14位山梨学院大学5時間39分53秒大東文化大学5時間43分30秒
15位国士舘大学5時間42分 8秒中央学院大学5時間44分 0秒
16位東京農業大学5時間43分24秒国士舘大学5時間44分24秒
17位法政大学5時間45分43秒神奈川大学5時間47分18秒
参考(18位)順天堂大学5時間43分32秒國學院大学5時間47分19秒
−(19位)東海大学明治大学5時間48分 4秒
−(20位)大東文化大学関東学連選抜5時間48分 8秒


箱根駅伝(総合)順位
順位大学2008年総合成績大学2007年総合成績
1位駒澤大学11時間 5分 0秒順天堂大学11時間 5分29秒
2位早稲田大学11時間 7分29秒日本大学11時間11分42秒
3位中央学院大学11時間11分 5秒東海大学11時間12分 7秒
4位関東学連選抜11時間12分25秒日本体育大学11時間16分44秒
5位亜細亜大学11時間14分10秒東洋大学11時間16分59秒
6位山梨学院大学11時間15分 0秒早稲田大学11時間17分29秒
7位中央大学11時間16分32秒駒澤大学11時間18分 9秒
8位帝京大学11時間16分48秒中央大学11時間18分41秒
9位日本大学11時間16分52秒専修大学11時間18分42秒
10位東洋大学11時間17分12秒亜細亜大学11時間19分14秒
 ここまでがシード
11位城西大学11時間20分19秒城西大学11時間20分50秒
12位日本体育大学11時間20分30秒山梨学院大学11時間21分27秒
13位国士舘大学11時間23分43秒中央学院大学11時間21分30秒
14位専修大学11時間25分37秒大東文化大学11時間25分30秒
15位神奈川大学11時間27分22秒法政大学11時間27分46秒
16位法政大学11時間28分 6秒明治大学11時間27分57秒
17位東京農業大学11時間30分58秒神奈川大学11時間33分20秒
−(18位)東海大学國學院大学11時間34分 9秒
−(19位)大東文化大学国士舘大学11時間36分30秒
−(20位)順天堂大学関東学連選抜11時間41分53秒


 最後に、今年は3校が棄権するという前代未聞の事態になったわけですが、これが単発の事態であることを願う次第です。

「史上初、3校途中棄権=指導法などに批判も−箱根駅伝
 3日に終了した第84回東京箱根間往復大学駅伝競走で、大会史上初めて3校が途中棄権する結果になった。前日の往路5区で順大、この日の復路では9区で大東大、10区でも東海大の選手が走行不能に陥った。

 大会会長でもある関東学連の青葉昌幸会長は「情けない。すべての駅伝の教科書のようになっている大会。大学で指導、勉強してほしい。(指導者は)選手を見詰め鍛えてほしい。速い選手はいるが強い選手はいなくなった」と各校の指導法を批判した。大会運営委員を務める神奈川大の大後栄治監督は「今後、給水の回数や中身などについて対策会議を開いて検討する」とした上で、「箱根駅伝は(注目の大会として)象徴化され選手の心的状態は尋常ではない。過保護にし過ぎてもいけないと思うが、そういう精神面も指導していかなければ」と指摘した。

 順大は昨年、往路、復路、総合を制し完全優勝を果たした強豪校。5区の選手は脱水症状で転倒し、大東大の選手も脱水症状からけいれんを起こした。ともに症状は軽く、治療を受けて回復。東海大の選手は走行中に右足を痛めた」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
箱根駅伝(復路・総合)所感 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる