やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 東京マラソン所感

<<   作成日時 : 2008/02/18 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ちなみに、見ていたのはトップが37kmを通過したくらいからです(汗)。
 あのコースを走ったことはありませんが、名所を巡るコースとなっていますから、恐らく平坦ではないはず・・・。
 それを踏まえると、ロスリンが2時間7分23秒で上がってきたのはかなりすごいと思います。
 そして、マラソン2回目の藤原新が2時間8分40秒で上がってきたのも見事と思いますが、一番評価したいのが、バランスを崩した(思うに、足にけいれんが来たと思うのですが・・・)ところをスピードを維持して立て直したところです。
 個人的には森下(バルセロナ銀)の様にいきなりオリンピックでメダルを取りそうな勢いを感じました(といいますか、まだ経験が浅い(=怖い物知らず)ことが大きなプラスに傾くかと・・・)。
 マラソン代表選考レースの最後となるびわこ毎日マラソンは風が強いコースでタイムが出にくいことで有名なので、このマラソンで東京マラソンを上回るタイムを出せばびわこ組が代表確定ですが・・・、よほどのことがない限り東京マラソン組が優勢だと思います。
 さて、代表争いはどうなりますか・・・。

 あと、個人的な所感を2つ3つほど・・・。

 猫ひろしはオールスター感謝祭で走っているところを見ましたが、もう少し早く上がって来れそうな印象を受けていたので、このタイムを聞いて少し意外に(遅いと)思いました(余談ですが、この辺りが今の私のレベルです・・・)。

 東国原知事とは、2000mの頂上を目指す登山マラソン(1300〜1400m地点がスタートで、距離的には10km弱)で一緒に走ったことがあるので親近感を持っているのですが、やはり公務が忙しく練習ができていないのでしょうね・・・。

 にしおかすみこには度肝を抜かれました(笑)。
 5時間以内にまとめてくるとは・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 ボンデージファッションで走っていたらリサ・マーチンと間違えそうですが(笑)、目撃談があればコメントが欲しいですねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

 こういう、人数が多く、ペースを維持できなさそうなマラソンはあんまり興味がないんですが、GI(フェブラリーステークス)とかぶらないならば(結局、競馬主体・・・(笑))一度は走ってみたいかなあ(名所を楽しみながら5時間位でボチボチと・・・)・・・とちょっと思った次第です。

「ノーマークの藤原が東京マラソンで2位、新たな日本代表候補に

[東京 17日 ロイター] 17日に開催された第2回東京マラソンで、ノーマークだった藤原新(あらた)が2時間08分40秒で日本人最高となる2位に入り北京オリンピック代表に近づいた。

 優勝は大会記録となる2時間07分23秒でスイスのビクトル・ロスリン、3位には一般選手のジュリアス・ギタヒが2時間08分57秒で入った。期待の高かった諏訪利成は4位、入船敏は5位だった。

 ゼッケン番号183番、一般選手登録の藤原が快挙を成し遂げた。マラソン2回目となるレースで昨年来からの大会を通じて日本人2番目となる記録をたたき出し、一躍、北京五輪候補に名乗りを上げた。

 藤原によると「ハイペースな展開だと予想していたので、行けるところまで着いていこうという作戦だった」という。35キロ過ぎの佃大橋前では足にけいれんを起こし何度も転倒しそうになりながらストライド(足幅)を狭めペースを落として対応、最後まで走りきった。直前の練習では40キロ走と45キロ走が一本ずつと距離の練習は十分ではなかったが、「天才肌の感覚の鋭い選手」(JR東日本の打越忠夫コーチ)との評価を裏付けるかのように体調の変化を調整しきってゴールした。

 レースは2時間07分台のハイペースで進み、8人ほどの集団になった後、30分過ぎに入船が仕掛けたが抜けきれず再び集団に吸い込まれた。直後に07年世界陸上大阪大会銅メダルのロスリンらがペースを上げ、諏訪が遅れたが藤原や梅木(6位)が付く展開。33キロ過ぎに前回優勝のジェンガのペースが落ち、35キロ過ぎには藤原も遅れ始めた。ロスリンは順調なピッチを刻みギタヒを引き離し、そのままテープを切った。「朝の気温も適度に低く、30キロまでペースもとてもよかった。30キロにペースメーカーが抜けてから、プッシュすることを決めた。最後に少し坂もあったが、うまく走れた。私にとってセンセーショナルタイムとなる、自己記録を1分以上も短縮することができてよかった」(ロスリン)。

 ギタヒと藤原の2位争いとなったが、けいれんを起こしながらもストライドを調整するなどしてペースを維持した藤原が競り勝った。

 昨年来の大会で日本人1位のタイムは07年12月の福岡国際で佐藤敦之が出した2時間07分13秒。同じ福岡で松宮祐行が出した2時間09分40秒を超える2番目となるタイムを藤原は記録した。

 日本陸上競技連盟の澤木啓祐専務理事は会見で、実質的に初マラソンとなった藤原のレース運びについて初レースとしては非の打ち所のないレースとしながらも、代表選手選考に関し「候補になりうる選手たちとの比較になる。評価委員会の評価待ち」と慎重な言い回しに終始した。マラソン経験の乏しさや夏と冬のマラソンの違いなどが選考では考慮されるとみられるが、女子に比べやや精彩を欠いている日本男子マラソン界にとって「強烈なデビュー」(高野進強化委員長)になったのは間違いない。

 3月のびわ湖大会が最後の代表選考会となるが、強烈な本命がいないまま3枠をめぐっての代表選びは依然として混沌としている。

 今回は東京マラソンが初めて五輪選考会(男子)となった。コンディションは雨の前回よりも良かったが気温は2.5度(都庁前のスタート時)と低く「風が冷たかった」(ギタヒ)という。

 04年アテネ五輪マラソン6位の諏訪は20キロ過ぎに「足にきた」と述べた。終盤に粘りをみせ2時間09分16秒で4位に入り「最低限の結果は残せた」とするが、元日のニューイヤー駅伝に出場するなどスピード強化を重視し長い距離を走らなかったことが結果的に裏目に出た。

 東京マラソンは10キロ走とマラソン合計で障害者含め3万2426人が走る市民マラソン。男子の最高齢84歳のランナーからコスプレランナーまで銀座や浅草など東京名所を駆け抜けた。ボランティア約1万2000人が集まり、昨年を上回るバナナ6万本、水48万本、人形焼き6000個、おにぎり3万個などが準備されたほか、前年の9万人を上回る15万人が応募するなど、昨今のマラソンブームを映す同イベントはさらに巨大化している。」


「猫ひろし完走、久本と熱い抱擁

 タレント猫ひろしが17日、東京マラソンに出場し、3時間48分57秒で見事完走した。「ゴールしたらギャグ100連発」という公約は疲労からパスしたが、出迎えた久本雅美と熱い抱擁。「最後の坂道がきつかった。4時間を切れて目標を達成できた」と普段とは打って変わってまじめな表情でレースをふり返っていた。」


「東国原知事は4時間42分26秒で完走

 東国原英夫宮崎県知事(50)が17日、東京マラソンを完走した。タイムは4時間42分26秒で順位は1万3504位(非公式)。「完走できただけでよかった。皆さんの後押しのおかげです。つらい時も笑顔を絶やさないことがマラソンの基本。それにしても東京マラソンは世界一の大会だと思う。感動しました」とさわやかな表情だった。」


「にしおかすみこ、ポニーテールで完走

 タレントにしおかすみこは17日、東京マラソンでフルマラソン初挑戦。長い女王様ヘアをポニーテールにして4時間45分35秒で完走した。しかし途中でカメラとはぐれ、「寂しく」(にしおか)ゴールイン。大会前に左ひざを痛めたが「皆さんといっしょに頑張れた」と終始笑顔でゴールにたどりついた。」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
東京マラソン所感 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる