やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 明と暗が交錯した日

<<   作成日時 : 2009/09/16 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 閣僚人事でゴタゴタがありそうな雰囲気でしたが、「次の内閣」大臣がほぼ予定通りに落ち着いて良かったと思います。
 特に、関西昼の番組に出演していた某氏については、いろいろな名前が挙がる中で落ち着くところへ落ち着いたのにはホッとしました。
 でも、これがゴールではなく、これからがスタートなので、勘違いしないように日本を運営してもらいたいものですね。
 (´-`).。oO(あ、よく考えたら・・・半分しか入れてないから、私には言う資格はないか・・・( ゚-゚)遠い目・・・)
 一方、去る方は去る方でスッキリしていましたね。
 正直な話、(私の都合だけなんですが・・・)今週末まで変わって欲しくなかったなあ・・・と思ったのですけど、まあ、仕方ないですか・・・。
 「世襲は激減、平均年齢60歳でやや上昇 鳩山政権新閣僚

 新閣僚の顔ぶれでは、弁護士や官僚出身者など実務家が目立つ一方、世襲議員は麻生内閣に比べて激減した。ただ平均年齢や当選回数、女性の割合は歴代政権と大差なく、その点ではオーソドックスな布陣と言えそうだ。

 新閣僚の平均年齢は60.7歳。麻生内閣発足時の58.2歳をやや上回った。最も若いのは前原誠司国土交通相(47)、最高齢は藤井裕久財務相(77)。当選回数は平均6.3回。麻生内閣は6.1回だった。

 経歴は都道府県議出身が最も多く、前原国交相、原口一博総務相、北沢俊美防衛相、赤松広隆農林水産相の計4人。弁護士出身は、千葉景子法相、福島瑞穂消費者・少子化担当相、仙谷由人行政刷新会議担当相の3人。官僚出身も、岡田克也外相(旧通産省)、亀井静香金融・郵政問題担当相(警察庁)、藤井財務相(旧大蔵省)の3人だ。

 親や親族から地盤を引き継いだいわゆる世襲議員は、赤松農水相、中井洽国家公安委員長の2人で、いずれも父親が旧社会党の衆院議員だった。18人中10人が世襲だった麻生内閣と比べ、5分の1と大幅に減少した。」


「麻生内閣が総辞職 首相会見、最後は笑顔

 16日朝の臨時閣議で内閣総辞職を決めた後、麻生首相は首相官邸で退任の記者会見に臨み、「1年という短い期間でしたが、日本のために全力を尽くした。残念ながら、道半ばで退任する」と358日間を振り返った。失言を連発して支持率を下げ、結果的に自民党を歴史的惨敗へ導いた首相だが、最後の記者会見は丁寧な受け答えに終始した。

 「100年に1度の経済不況、リーマン(ショック)から丸1年。世界初の同時不況に迅速に対応できた経済対策を半年余りで4度打ったことは実績として誇れる」。首相は最後の会見でも「政局より政策」の姿勢を強調した。鳩山新政権には「景気回復を確固たるものにするよう努力していただきたい。国際情勢への対処を的確にしていただくことは願ってやまない」。自民党総裁選で意中の人を問われると、「具体的な名前を言うことはありません」と笑顔で会見を締めくくった。

 衆院解散について問われ続けた首相は、解散の決意だけは繰り返し、時期ははぐらかし続けた。特に連日のぶら下がり取材では、同じ質問にいらだち、その様子が報じられて支持率を下げるという悪循環に陥った。対照的にインタビューや記者会見は丁寧。自民党、自公政権が継続して取り組んできた内政・外交政策を語る時は特にそうだった。

 3月のインタビューでは、ラインマーカーで随所に線を引いた資料を手元に置き、時々目を落とした。緊張からか手がかすかにふるえるようにも見えた。質問が北朝鮮によるミサイル発射の動きに及ぶと、慎重に言葉を選んだ。

 「他の国は『ミサイル』、日本だけ『拉致』と言った時、(北朝鮮は)『足並みが乱れた』とか突っ込みたいんだ」。だが、インタビューが終わると「ここで一言感想なんか述べると、ろくなことないからやめようね」。いつもの「麻生節」がのぞいた。

 首相周辺は「これだけまじめな政治家はいないというくらい、まじめ。レク(官僚の政策説明)になるとしばしば寝てしまう総理もいたが、(麻生さんは)いつもラインマーカーを引きながら真剣に聞いていた」。ただ、直後のぶら下がり取材では「一変して態度が悪くなった」(周辺)という。バー通いも批判されたが、実は酒は口に含む程度だ。国会や自民党本部のトイレで手を洗った後、洗面台を丁寧に紙でふき取る姿はカメラには映らない。

 最後の記者会見で、首相は穏やかに言った。

 「歴史の評価が出るには、もう少し時間がかかる」」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「歴史の評価が出るには、もう少し時間がかかる」
まだなんか評価されると思ってる
昔から”馬鹿は死ななくちゃ治らない”
さようなら
開いた口
2009/09/17 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
明と暗が交錯した日 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる