やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS 原子力事故のレベルと今回の福島原子力発電所事故の比較

<<   作成日時 : 2011/03/13 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 後で付け加えますが、こうして代表的な原子力事故を並べて冷静に見てみると、
土曜に起きた爆発事故はレベル4かなと思います。
 まだ福島原発では余談を許さない状況ではあります。
 ただ、土曜の夕方にレベル7を想像させる状況を感じさせたのですが、今の懸命な対応を見ていると最大でもレベル5かなと個人的に思っています。
 もし、レベル7の事故が日本で起こったら、旧ソビエトの様にその土地を放棄するだけの土地の余裕は全くありません。
 悪くてもレベル5までの事故で済ませて欲しいと願う次第です。
 (´-`).。oO(・・・と、願うことしかできないことが非常にもどかしいですね・・・)
blogram投票ボタン
 原子力事故のレベルと参考事例

レベル事業所外への影響事業所内への影響参考事例
7 深刻な事故放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出原子炉や放射性物質障壁が壊滅、再建不能チェルノブイリ原子力発電所事故(1986年)
6 大事故放射性物質のかなりの外部放出:ヨウ素131等価で数千から数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出原子炉や放射性物質障壁に致命的な被害 ウラル核惨事(1957年)
5 事業所外へリスクを伴う事故放射性物質の限定的な外部放出:ヨウ素131等価で数百から数千テラベクレル相当の放射性物質の外部放出原子炉の炉心や放射性物質障壁の重大な損傷スリーマイル島原子力発電所事故(1979年)
4 事業所外への大きなリスクを伴わない事故放射性物質の少量の外部放出:法定限度を超える程度(数ミリシーベルト)の公衆被曝原子炉の炉心や放射性物質障壁のかなりの損傷/従業員の致死量被曝東海村JCO臨界事故(1999年)
3 重大な異常事象放射性物質の極めて少量の外部放出:法定限度の10分の1を超える程度(10分の数ミリシーベルト)の公衆被曝重大な放射性物質による汚染/急性の放射性障害を生じる従業員被曝旧動燃東海事業所・アスファルト固化処理施設火災爆発事故(1997年)
2 異常事象 かなりの放射性物質による汚染/法定の年間線量当量限度を超える従業員被曝関西電力美浜発電所2号機・蒸気発生器伝熱管損傷(1991年)
1 逸脱  関西電力美浜発電所3号機・2次冷却水配管蒸気噴出(2004年)


「原子炉建屋の爆発、露出した燃料棒が水蒸気と化学反応か

東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋が水素爆発とみられる衝撃で破壊した問題で、原子力安全・保安院は12日、爆発の一因として、燃料棒を包む金属製の被覆管が炉内の水蒸気と化学反応し、大量の水素が発生した可能性があると指摘した。
 地震の影響で炉内では冷却水の水位が低下。本来は冷却水の中に収まっている燃料棒が露出した。高温の水蒸気に直接触れると、水素ができる。この反応は水位が低下した時点で予知は可能で、東電が水素を取り除く対策をとっていたかが問われそうだ。」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
原子力事故のレベルと今回の福島原子力発電所事故の比較 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる