やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS マラソン大会に関して知事まで陳謝とは・・・いよいよ責任問題に発展か?

<<   作成日時 : 2011/11/29 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「東日本大震災復興支援 ふじのくに新東名マラソン」への不満は、はじめはRUNNET、ツイッターや静岡新聞社内で収まっていましたが、不満が爆発し、ついに全国紙で流布され、静岡県知事までがコメントを発する事態になりました。
 一回しか走ることのできない自動車専用道路を走れるというのは大きな魅力ではありますが、自動車専用道路は自動車専用に作られており、人間が走りやすいようにはできていません。
・自動車には大したことがなくても、人間が走るには起伏が大きい
・自動車には走りやすい直線道路でも、人間が走るには単調すぎる
・自動車には気にならないけど、人間が走るには道路と道路の継ぎ目は大きすぎる(ので、つま先を入れてしまうことがある)
・人間がリタイアして帰りたくても、エスケープルートは高速の出口や入り口なので、中途半端なところだと5キロ以上歩かないとエスケープできない
等がすぐに思い浮かぶところでしょうか・・・。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
 前日が大荒れの天気で、用意していた備品がダメになるなどの不運があったのも不運でしたが、水がなくて瀕死のランナーの前でお茶を飲むスタッフがいたというのはいただけません。
 感想を見ていると、怨念のように最低点の20点を付けている人が多い多い・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 (´-`).。oO(しかし、知事まで出てくるのは・・・ちょっと行き過ぎな気もしますが・・・これくらいでないと、真実が明らかになりませんか・・・( ゚-゚)遠い目・・・)

 参加していない私が知りたいことは1つだけです。
・えらく高い参加費を取っていたようですが、供給された参加賞や給水給食は、その金額に見合う物ではなかったと聞きます。参加費をどのように使ったのか、その内訳を公開してほしいです。
(´-`).。oO(本当に、震災への義援金に使用されたことを切に願います・・・)

「脱水症状続出の新東名マラソン、静岡知事が陳謝

 静岡県富士市などで20日にあった「ふじのくに新東名マラソン」で、脱水症状を訴えるランナーが相次いだ問題で、大会実行委員会顧問を務めた川勝平太知事は28日、「極めて重大な失敗。けがをされた方、不愉快な思いをされた方に心よりおわび申し上げたい」と陳謝。担当者の処分も検討するとした。
 この日の定例会見で川勝知事は、470人を超える人が棄権し、9人が救急搬送されたことを挙げ、「原因は給水不足。紙コップが足りず、トイレも不十分だった」と説明した。
 知事はさらに、「担当のスタッフの対応が傲慢(ごうまん)で、用意されたバスもスタッフ優先で乗っていた。聞けば驚くべき事実が明らかになり、楽しみにして参加された方に本当に申し訳なく思っている」と陳謝した。再発防止に向けて何が問題だったかを調べ、1月1日発行の「県民だより」で報告するという。」


「静岡のマラソン、参加者脱水症状

 静岡県富士市などで20日にあった「ふじのくに新東名マラソン」で、給水地点の水が尽き、参加ランナーの一部が最長で17キロにわたって水分補給ができなかったことがわかった。脱水症状を訴えるランナーが相次ぎ、大会を公認した日本陸上競技連盟は「生命に関わる、絶対あってはならないこと」として調査に乗り出す。
■紙コップもトイレットペーパーも
 新東名マラソンは、建設中の新東名高速道路を使い、静岡県や静岡陸上競技協会などで組織する実行委員会が主催した。駿河湾沼津サービスエリアを基点に、42.195キロのフル、10キロ、5キロ、2キロに計約1万人が参加した。
 トラブルがあったのはフル部門(制限時間7時間)。実行委によると、7カ所の給水地点のうち、23.5キロ地点と27キロ地点でスタートから約3時間後、用意していた水がすべて尽きた。ゴール地点などから水を運んだが、一時的に16キロ地点から33キロ地点まで取水できない状態が続いたという。3割前後のランナーが影響を受けたとみられる。
 富士市ではこの日、11月の観測史上最高の26.5度を記録。21キロの折り返し地点以降、脱水症状や熱中症で倒れる人が相次ぎ、うち9人が救急搬送された。側溝にたまった雨水を飲む人もいたという。
 「想定外の暑さで水が足りなくなった。高速道路上はまだ水道が通っていないため追加供給できなかった。見通しが甘く、言い訳のしようもない」と実行委の担当者は話す。
 大会パンフレットなどでは折り返し地点に給水所を置くとしたが、「周辺は道幅が狭く混雑する」として、実行委は参加者に伝えることなく23.5キロ地点にずらしていた。一部の給水地点では紙コップが尽きたため、手で水を受けるランナーもいた。さらに、スタート地点やコース上のトイレではトイレットペーパーがなくなり、参加者の一部は用が足せなかった。
 「前日の大雨で、テントに保管していた紙コップとトイレットペーパーの大半がぬれて駄目になった。近くにスーパーなどもなく買い足しが間に合わなかった」(実行委)という。
 フル部門の出走者4719人中、完走者は4259人で完走率は90.3%。日本陸連によると、7時間制限の大会の完走率は95%以上がほとんどで、同じ日に神戸市であった「神戸マラソン」は97.2%だった。実行委の担当者は「完走率の低さは水切れなどの不手際が一因」と認める。」


 以下は大会実施の次の日に出たメッセージです。
 この時、ツイッターやRUNNETには不満が徐々に蓄積されていました。
 (´-`).。oO(・・・まあ、参加者の不満をかなり甘く見ていましたね・・・)

「新東名「最初で最後」マラソン満喫 1万人力走 | 静岡新聞

 静岡市清水区から参加した栗田里衣さん(38)は「二度と走れない場所でフルマラソンに挑戦してみたかった。駿河湾がきれいに見えて勾配も少なく、車でも走りやすそう」と話し、完走の喜びをかみしめた。
 メーン会場の同SA駐車場には、NPO法人富士山を世界遺産にする国民会議などが、富士山世界文化遺産登録への賛同と富士山への思いを込めた「WE LOVE FUJISAN 3776メッセージ」の募集活動をした。多くのランナーがメッセージを寄せ、1日も早い新東名の開通と富士山の世界文化遺産登録を願った。」


「《公式サイト》ふじのくに新東名マラソン 2011年11月20日(日)開催

実行委員長挨拶ふじのくに新東名マラソン大会を終えて
ふじのくに新東名マラソン大会は、前日大雨洪水警報が出されるほどの大荒れの天候で心配されましたが、当日は晴天となり皆様の激走で無事終了することができました。
ひとえに、参加されました選手の皆様と、ご支援を頂いた各方面の方々のおかげだと深く感謝しております。
特に、会場をお貸し下さいましたNEXCO中日本様には、大会当日以外にも事前に何度も立ち入らせていただき有難うございました。
この新東名を使用してのマラソン大会は、この一回限りだけですが参加した皆様の良い想い出となれば幸いです。
そして、国内には、他に多くのマラソン大会がありますが、そのどこかの大会での皆様のご活躍を期待しています。
この大会を主管致しました静岡陸上競技協会東部支部は、フルマラソンは初めての経験で不慣れな点も多々あったと思いますがご容赦下さい。
この経験を今後の活動に役立てたいと思います。
ご支援を頂いた皆様方には、今後とも、より一層のご支援、ご協力をお願い申し上げて挨拶といたします。
平成23年11月21日
ふじのくに新東名マラソン実行委員長
静岡県陸上競技協会 東部支部会長
勝又瑛逸」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
マラソン大会に関して知事まで陳謝とは・・・いよいよ責任問題に発展か? やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる