やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS やっぱり、死刑制度は必要だと思います

<<   作成日時 : 2012/06/18 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 心斎橋で起きた無差別殺人事件から1週間経ちました。
 包丁を買ったときまでは本当に自殺を考えていたのでしょうが、
・ただ死ぬなら普通にのたれ死んでも良いが、名も知られずに世を去るのには抵抗がある
・それなら、名前を載せるような事件を起こして死刑になれば良い
・死刑になるためには1人ではだめで2人は殺さないといけない

・・・という思考プロセスを経たかどうかは定かではありませんが、結果として2人を刺殺したわけです。
 捕まったときに顔を隠すそぶりもなく堂々と晒しているところを見ると、やはり容疑者を知る人が言っていたように、自己顕示欲が強いのかな?と思います。
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
 刑の本来のありかたとしては、1人を殺めた場合、更正の可能性を鑑みて無期懲役とかの刑を設定したということなのでしょうが、こういう死刑を確定させるために起こした事件として見ると、1人を死刑にするためには2人を殺さなければならない=死刑囚1人の価値は2人の命と釣り合うという、非常に皮肉な結果となってしまいます。
 事件を起こした本人も望んでいるでしょうから、昔の宅間守が起こした小学校での刺殺事件の様にとっとと裁判を進めて、この世から抹殺してもらいたいものです。

 そして、こういう風に死刑を切望して事件を起こす輩がいる以上、死刑制度は残すべきだと思います。
 せっかく希望しているのに、無期懲役までで止めるのは失礼でしょうしね・・・。
 なんか、この容疑者の為に裁判とか死刑の為に飯を食わすということも経費の無駄遣いに見えて、それさえも拒絶したい気分です。
「大阪・心斎橋路上で男女刺され死亡 36歳の男逮捕

 10日午後1時ごろ、大阪市中央区東心斎橋1丁目の路上で、「人が刺された」と通行人から110番通報があった。男女2人が腹や首などを複数刺され、搬送先の病院で間もなく死亡した。駆けつけた大阪府警南署員が、男性に馬乗りになって刺している男を見つけ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。男は2人と面識がなく、府警は無差別に通行人を狙った犯行とみて調べる。

 捜査1課によると、男は自称、住所不定で無職の礒飛(いそひ)京三容疑者(36)。容疑を殺人に切り替え、12日に送検する方針。礒飛容疑者は容疑を認め、「自殺しようと思って、事件を起こす前に現場近くで包丁を買った。死にきれず、人を殺してしまえば死刑になると思って刺した」と供述している。自殺を図ったような傷はなかったという。

 亡くなったのは、東京都東久留米市氷川台2丁目、イベント会社プロデューサー南野信吾さん(42)と、大阪市内の60代の女性。府警は女性の身元の確認を急いでいる。

 礒飛容疑者はまず、近くのコインパーキングに車を止めた直後とみられる南野さんを路上で繰り返し刺した後、東に約40メートル移動し、通りかかった女性を襲い、2回にわたって刺した。女性は自転車で現場まで来ていた。この後、倒れていた南野さんのもとに引き返したという。

 目撃証言などによると、礒飛容疑者は南野さんに馬乗りになって刺した後、南署員に取り押さえられた。その際、抵抗する様子はなかったという。

 捜査1課によると、10分以内の犯行だった。南野さんには首や腹、顔や手などに刺し傷や切り傷が約10カ所あった。女性にも腹やのど、背中、左手などに数カ所の傷があった。礒飛容疑者も左指などに切り傷を負っており、病院で治療を受けた後、南署に移送された。

 凶器に使われたのは刃渡り約18センチの「キッチンナイフ」(包丁)で、南野さんの周辺で見つかった。現場近くの店で、約1時間前に同じ種類のキッチンナイフが購入された記録が残っていた。現場には、さやのようなものが入った紙袋が残されていたという。

 衣類が入ったボストンバッグも見つかっており、礒飛容疑者のものとみられる。礒飛容疑者は「今年5月下旬に新潟刑務所を出た。その後は栃木県内にいた。昨日(9日)新大阪に来て、大阪市内の知り合いの男性宅に泊まった」などと供述しているという。

 現場は、大阪市営地下鉄心斎橋駅の南東約300メートル。百貨店や飲食店などが立ち並ぶ大阪有数の繁華街ミナミの一角。日曜日の昼下がりとあって、若者や買い物客でにぎわっており、逃げ惑う人で一時騒然となった。

     ◇

 現場は、大阪・ミナミと呼ばれる地域内にあり、百貨店や飲食店などが立ち並ぶ大阪市有数の繁華街「心斎橋」の一角。休日の昼下がりとあって、事件発生時は、若者や買い物客らでにぎわっていた。

 現場近くを歩いていた男性会社員は、男が被害者の男性に馬乗りになり、何かにとりつかれたかのように、包丁を振り下ろす様子を目撃した。「胸や脇腹などを、何度も刺していたと思う」。男はその後、事情を知らずに自転車で通りかかった女性を刺した。

 現場近くの大丸心斎橋店の50代の男性社員によると、午後1時過ぎごろ、店の警備員が「ギャー」という女性の叫び声を聞いたという。男性社員が現場付近に行くと、歩道に頭を西側にして男性が倒れていて、腹部に刃物が刺さっていた。上半身はすでに血で真っ赤に染まり、2、3人の警察官が男性を見守るように立ち、通行人が近寄らないようにしていたという。

 男性店員は取材に対して、「先日も、脱法ハーブを吸った男が通行人をはねる事件が起こったばかり。物騒な心斎橋になってしまった」と嘆いた。

 現場近くの飲食店の男性店員は「男性が仰向けに倒れ、路上は血だらけだった」と語った。別の飲食店で食事をしていた20代の女性会社員は、病院へ搬送される容疑者を見た。「警官10人ほどに取り囲まれ、パトカーから救急車に移された。あんな事件の後なのに落ち着いていて、少し薄笑いを浮かべていました」 」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
やっぱり、死刑制度は必要だと思います やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる