やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS このしつこさ・・・韓国に学ぶべき事

<<   作成日時 : 2006/03/01 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 戦争から60年経っても、韓国人は忘れません。
 むしろ、さらに記憶に刻みつけるような感じであります。
 日本人は過去の出来事等の対応を見ても、「忘れっぽい」性格です・・・(私もですが・・・)。
 その「忘れっぽい」が故に今の日本の取る行動が韓国にはこのように見えるというのは、非常に悲しいことですねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
「「侵略と支配の正当化、危惧」韓国大統領が靖国参拝批判

 韓国の盧武鉉(ノ・ム・ヒョン)大統領は1日、1919年に起きた植民地支配からの独立運動「3・1運動」87周年記念式典で演説、「我が国民としては日本が侵略と支配の歴史を正当化し、再び覇権の道に進みかねないとの危惧を抱くのは当然だ」として小泉首相の靖国神社参拝を強く批判した。大統領は靖国や歴史認識の問題で妥協をしない姿勢を明確にすると同時に、日本の憲法改正の動きも牽制した。

 大統領は演説で小泉首相の靖国参拝について、名前を挙げることは避けながら、「心の問題」などとしてきた首相の説明を暗に取り上げて批判。「国家指導者の言葉と行動の意味は自らの釈明ではなく、人類普遍の良心と歴史の経験に照らして適当かどうか評価されるべきだ」と真っ向から反論した。

 憲法改正や防衛力の向上を目指す日本側の動きについては、「普通の国、世界の指導的国家になろうとするなら、法を変え軍備を強化するのではなく、人類の良心と道理にあわせて行動し国際社会の信頼を得なければならない」と述べた。

 盧大統領は「昨年の演説で私は、韓日が真の和解と協力の道に踏み出そうと強調したが、この1年、(靖国)神社参拝と歴史教科書の歪曲、(日韓が領有権を主張する)独島(竹島)問題まで、(現状は)大きく変わってはいない」と日本側の対応を批判、首脳外交が中断するなど日韓関係が膠着状態にある責任は日本側にあるとの考えを示した。

 さらに「繰り返し、謝罪を求めない」とし、日本側が靖国神社参拝中止など実際の行動で応えるよう求めた。大統領は「謝罪にふさわしい実践を求め、謝罪を覆す行動に反対する」と述べた。 」


 「日本が侵略と支配の歴史を正当化し、再び覇権の道に進みかねない」という所ですが、じゃあ、侵略と支配の歴史をすっぱりと忘れてしまっていたら、きっと「日本人は無責任だ!」と言うのではないでしょうか?
 結局は文句を言われるんですよねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

 さらに、「普通の国、世界の指導的国家になろうとするなら、法を変え軍備を強化するのではなく、人類の良心と道理にあわせて行動し国際社会の信頼を得なければならない」というのは「大きなお世話!」と言いたい。
 韓国は非常任理事国になるための投票に「1票」しか入らなかったという事実があります。
 すでに非常任理事国であり、常任理事国でもないのに国連に大量に金を出して(出さされて・・・?)いる日本がそんな「国際社会の信頼を得なければならない」などと韓国に言われる筋合いはないと思うのですが、いかがでしょうか?

 最後に、「この1年、(靖国)神社参拝と歴史教科書の歪曲、(日韓が領有権を主張する)独島(竹島)問題まで、(現状は)大きく変わってはいない」とありますが、独島(竹島)問題などの話し合いを靖国神社問題にかこつけて話し合いすらしないのはどちらですか?
 韓国人が持つ高いプライドもあるんでしょうが、そういうプライドばかりにこだわっていると日本はますます韓国離れしてしまうと思いますよ。

 こうしたことを繰り返して早60年・・・、こんなことじゃ永遠に分かり合えないでしょうねえ・・・( ゚-゚)遠い目・・・。

 しかし、こうした韓国のしつこさに関しては、私は見習いたいと思います。
 ひとかけらくらいですけどね・・・(-。-)。
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
このしつこさ・・・韓国に学ぶべき事 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる