やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS ある意味妥当な安全投資への反応

<<   作成日時 : 2006/04/24 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 もうすぐこの事故から1年・・・。
 風化させてはならない事件ではありますが、こういう意見ももっともでしょうか・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
「鉄道121社、半数「安全投資は負担」


 25日で発生から1年となるJR宝塚線(福知山線)の脱線事故をきっかけに国土交通省が全国の鉄道事業者に義務づけた安全施策への対応をめぐり、全国121の鉄道事業者のうちほぼ半数の事業者が経営への影響が及ぶ水準の負担が生じると考えていることが、朝日新聞社のアンケートでわかった。JRや大手私鉄が整備の前倒しや国の基準を上回る独自の対策を予定する一方で、中小私鉄や第三セクターは負担増により他の施設への投資が難しくなるなど、「安全格差」が広がりかねない実態が浮かんでいる。

 アンケートは、国内で鉄道を運営する事業者のうち、路面電車や貨物などを除く136社に発送し、121社(89%)から回答があった。

 「事故後に安全投資を増額した」としたのは35社(28.9%)で、この負担増について23社(19.0%)が「経営に影響が生じた」と回答した。「将来その恐れがある」とする35社(28.9%)を加えると半数近くに達した。額を回答した30社の合計は132億5850万円(05年度)で、このうち事故を起こしたJR西日本が100億円を占めた。

 国土交通省は今年3月に鉄道技術基準の省令を改正し、(1)曲線で速度超過を防ぐ自動列車停止装置(ATS)などの速度制限装置(2)運転士の急病などの異常時に列車を自動停止させる装置(3)速度やブレーキなど運転状況を自動記録する装置――を中心に安全対策を義務化。2〜10年以内に終えるよう求めている。

 JRや都市部の私鉄、地下鉄などの大手は、「安全が最大のサービスになる」(各社)などとして積極的に取り組む姿勢が目立った。

 なかには「国交省の通達でATS整備を迫られた地点はなかったが、都営浅草線で10年度までに最新鋭のATSを導入し、ATC(自動列車制御装置)並みの速度制御をする」(東京都交通局)、「高架橋の補修と曲線の改良工事を前倒しする」(京浜急行)など、上乗せの改善をする社もあった。

 一方、赤字や資金不足に悩む地方の中小事業者は、基準を満たすための支出だけで経営への影響が出るとして、心配する声が目立った。「会社を倒産させても安全を確保するということはできない」(土佐くろしお鉄道)、「本来計画していた安全のための設備投資が後回しになる」(中四国の三セク)、「(新しい設備の)維持管理経費が経営に影響してくる」(肥薩おれんじ鉄道)――など深刻な意見が相次いだ。

 これらの設備投資には国の近代化補助を利用できるが、最低でも20%の自己負担が生じる。このため、国への要望を挙げた63社のうち、「非常に厳しい経営状況。補助金の拡充がなければ経営ができない」(中部の私鉄)など、安全対策への国庫補助の充実を求める記述が40社と約3分の2を占めた。」

 こういう施策は基本的に「もしも・・・」の為で、昨年に起こった事故も「まさか・・・」の事故に入る部類でしょう。
 私も会社でこういうやりとりをしたことがあります。
相手「この棚は固定していないと危ない!」
やす「はあ・・・、なぜですか?」
相手「もしも、地震が起こったら、この棚は絶対に倒れますから!」
やす「はあ・・・(汗)、地震が起こる・・・と・・・何を根拠に?」
相手「じゃあ、地震が起こらない保証はあるんですか?」
やす「はあ・・・ないですけど・・・(棚が倒壊するような地震が起こったら、多分、40年前に立てられたこの工場が倒壊すると思うんだけどなあ・・・)、経費削減の折、非常に確率の低い事に対してそんな対応出来ないんですが・・・」
 以下、話は平行線を辿り・・・
 地震が起こらないとは言いませんが、明日にでも地震が起こるかもしれないというある種の脅迫概念を持った相手とは当然話などはかみあわず、結局、この対応はせずにその職場を後にしました。
 しかし、よく考えると、私が取った行動は「そんな事はとても予想できないから冒頭のような安全対策はやらない!」に他なりません。

 そう、鉄道会社も「何百分の1の確率で起こるかもしれない事故に対して対応する余裕はありません」というわけです。
 世論は「こういう安全装置をつけろ!」という論調ですが、私は「こういう安全装置をつけたところで事故が起こる体質を持った会社は必ず事故を起こす」と思っています。
 私はそのための自衛手段として一貫して「1両目・最後尾車両には乗らない」ようにしています。
 鉄道の利用客の方も、安全装置があるからと言って過信せずに、自衛手段を持った方が良いと思いますが、どうでしょうか・・・?

 あの日から1年・・・。
 普段行っている行動を安全面から眺めてみてはいかがでしょうか?
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
ある意味妥当な安全投資への反応 やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる