やすのつれづれブログ

アクセスカウンタ

ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

zoom RSS ノーベル賞予想は当たらない・・・

<<   作成日時 : 2012/09/19 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ・・・といいますか、予想に挙がったらまず選ばれなさそうな気がします。。。
 私が個人的にノーベル賞に一番近いと思っているのは、飯島澄男氏のカーボンナノチューブか中村修二氏の青色LEDです。
 毎年取り上げられるiPS細胞も画期的と思いますが、まだ完全な実用に至らず、選ばれるとしても、実用の前に倫理的なものも邪魔しそうで、まだまだ受賞されるとしても時間がかかると思います。
 以下の研究もなるほどと思えるのですが、トンネル効果などと比べるといけないのかもしれませんけども、画期的と感嘆できるかと言えば・・・ちょっと・・・という感じです・・・( ゚-゚)遠い目・・・。
 しかも、こうやって予想されたものって、すぐには選ばないんですよね・・・で、改めてノーベル賞に選ばれたものを見ると、なるほどな・・・と思えるんですけど・・・うーん、悩ましいですね・・・。
 今から考えるとオバマ大統領の受賞もなんだったんだろ・・・と思えるような政治的な状況も関係してきますし、やっぱりふたを開けてみないと分かりませんね。。。
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
「ノーベル賞予想に日本人3氏 トムソン・ロイター

 米国に本拠を置く学術情報サービス会社、トムソン・ロイターは19日、10月に発表されるノーベル賞の自然科学系3賞と経済学賞の新たな有力候補21人を発表した。日本人では、医学生理学賞に竹市雅俊・京都大名誉教授、化学賞候補に藤嶋昭・東京理科大学長、春田正毅・首都大学東京名誉教授の3氏を挙げた。

 同社が有力候補とする日本人研究者でノーベル賞を受賞していない候補者は、2010年に選ばれた山中伸弥・京都大教授ら14人になった。02年から昨年までに発表した有力候補計162人のうち、26人がノーベル賞を受賞している。

 竹市さんは細胞同士をくっつけるたんぱく質カドヘリンの発見、藤嶋さんは酸化チタンによる光触媒反応の発見、春田さんは金の触媒作用の発見で、それぞれ候補に選ばれた。」
ランキングサイトに登録しています。時々クリックして頂ければ有り難いです。

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型冷間工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命的先端材料いうものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
プレス技術屋
2012/12/24 16:02
先日、その工具鋼の自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。ひらたくいえば世界初の本格的ナノマシンである分子性結晶が表面に自己組織化されて、滑りが良くなるということだ。
潤滑油研究者
2013/05/29 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
・2012年以前の月別リンク
2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年9月   2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年5月   2012年4月   2012年3月   2012年2月   2012年1月

2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年9月   2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月   2011年4月   2011年3月   2011年2月   2011年1月

2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年9月   2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月   2010年4月   2010年3月   2010年2月   2010年1月

2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年9月   2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月   2009年4月   2009年3月   2009年2月   2009年1月

2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年9月   2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月   2008年4月   2008年3月   2008年2月   2008年1月

2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年9月   2007年8月   2007年7月
2007年6月   2007年5月   2007年4月   2007年3月   2007年2月   2007年1月

2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年9月   2006年8月   2006年7月
2006年6月   2006年5月   2006年4月   2006年3月   2006年2月   2006年1月

2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年9月   2005年8月   2005年7月
2005年6月   2005年5月   2005年04月   2005年3月   2005年2月   2005年1月
2004年12月

ジオターゲティング
ノーベル賞予想は当たらない・・・ やすのつれづれブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる